SBIグループ北尾社長、リップル社の「役員」に就任へ!!【2019年4月26日】

Pocket

こんにちは、Shujiです。

本日も気になる仮想通貨最新ニュースをピックアップしてご紹介していきます。

まずは本日の相場から確認していきましょう。

今日の相場は?→下落!

本日、ビットコインは59万円台で推移しており、ここ24時間で3%下落

時価総額トップ10でも、それに連動してほぼ全ての通貨が下落しています。

時価総額トップ100|急上昇ランキング!

ここ24時間でDent (DENT)が約8%上昇。

仮想通貨市場全体が低迷していることから、大きく上昇した通貨はありませんでした。

さて、それでは本日の気になる仮想通貨ニュースをみていきましょう。

①SBIグループ北尾社長、リップル社の「役員」に就任へ!!

日本最大級の金融関連会社「SBIホールディングス」の北尾吉孝社長が、仮想通貨XRPを発行するリップル社の役員に就任することが分かりました。

リップル社は現在、「アジア」地域への進出を進めています。

リップル社の会長Chris Larsen氏はこれを踏まえ、北尾社長の就任について

絶好のタイミングだ

と歓迎しました。

Shujiの考察(重要度★★★)

このニュースめちゃくちゃ話題になっていますね!

僕自身もビックリでしたが、コインポストさんのツイートは、約500件の「いいね」と、約200件のリツイートを集めており、関心の高さにも驚きです

リップルといえば仮想通貨業界でもっともホットな通貨の1つですよね。

その発行体であるリップル社は、業界のリーダー企業です。

リップル社の役員に北尾社長が就任するということは、事実上、業界のトップ層に日本人が食い込むようなもの

XRPにとっても、SBIホールディングスという巨大グループによる後押しは心強い限りでしょう。

「北尾効果」によるXRPの継続的な上昇に期待です!

②ビットコインが大幅下落!要因は「テザー追訴」か

4月26日、仮想通貨市場が急落しています

午前6時、5530ドル(61.7万円)で推移していたビットコインは、その直後に5190ドル(57.9万円)まで急落

リバウンドによる反発により、26日午後3時には半値ほど戻したものの、急落前の水準は取り戻せていません

仮想通貨市場下落の要因は一体何だったのでしょうか?

Shujiの考察(重要度★★★)

今回、考えられる要因はたったの1つ。

預かり資産を「不正利用」した疑いで、テザー社とその親会社Bitfinex(ビットフィネックス)が、ニューヨーク州から追訴されたことです。

どういうことかというと・・・。

テザー社は、USDTというステーブルコインを「1USDT:1ドル」で販売しています。

ステーブルコイン(安定通貨)とは:
価値が一定で、価格変動がほとんどない仮想通貨のこと。利益確定の際や、相場下落時の避難先として保有される。米ドル価格に連動するUSDTやTUSDなどが安定通貨の代表例。

一方でUSDTは、ユーザーがテザー社に持ち込むことで、いつでも「1米ドル」と交換できる特徴があります。

そのためテザー社は、ユーザーの持ち込みに備えて、顧客から預かった米ドルをいつでもUSDTと引き換えに渡せるように保管しておく必要があるのです

もちろん、テザー社はその米ドルを勝手に使ってはいけません

しかしニューヨーク州が主張するには、テザー社はこの米ドルを「950億円相当」も不正利用していたと言うのです。

とはいえ、それで決着が付いたわけではなく、テザー側も負けじと「全面否定」している状況です。

このニュースが本当に悪材料に相当するのかどうかは、もう少し成り行きを見守る必要があるでしょう。

③迫る平成終了、「平成の仮想通貨十大ニュース」まとめ!

平成が間もなく終了し、令和時代が始まろうとしています

そんな中、仮想通貨メディアCoinDesk Japanは『平成の仮想通貨十大ニュース、CoinDesk Japanが選出』と題する記事を投稿。

平成の仮想通貨業界で起きた「10のニュース」を以下のようにランク付けしました。

  • 1位:2009年サトシ・ナカモト、ビットコインを作る
  • 2位:2015年イーサリウムの形成と発展
  • 3位:2013年など中国によるビットコイン規制
  • 4位:2014年Mt.Gox、破綻
  • 5位:2016年The DAO事件
  • 6位:2018年モナコイン、51%攻撃を受ける
  • 7位:2013年キプロス危機によりビットコイン高騰
  • 8位:2017年ビットコインハードフォーク、ビットコインキャッシュ生まれる
  • 9位:2019年ビットコイン、10周年
  • 10位:2018年ベネズエラ、仮想通貨ペトロを発行

Shujiの考察(重要度★★)

非常に面白い記事なので、ぜひ上記リンクからご覧ください!

2009年の「ビットコイン誕生」は1位で間違いなさそうですね。

もし、サトシ・ナカモトがいなければ、2019年現在すら仮想通貨は世に存在しなかったかもしれません。

ただし、一点言うなら「ビットコインピザの日(Bitcoin Pizza Day)」を入れて欲しかった!

2010年5月22日、ビットコインが世界で始めて店舗での支払いに使われ、ピザとBTCの交換が行われた歴史的な日です

「ビットコイン10周年」よりは重要なニュースだと思うのですが、どう思いますか?

④NIKE(ナイキ)、独自仮想通貨「Cryptokicks」発行か

世界最大のスポーツメーカーNIKE(ナイキ)が、独自仮想通貨の発行を検討していることが分かりました

NIKEは、「Cryptokicks(クリプトキックス)」という言葉を商標登録に申請しています。

このことから、Cryptokicksという仮想通貨の発行に向けて動いているとみられます。

ただし、NIKEからの公式発表はまだありません。

Shujiの考察(重要度★★)

NIKEというとスポーツ用品のイメージしかありませんが、実は現在20億ドル(約2230億円)規模のデジタル事業も持っています

そして、実は「スポーツ×仮想通貨」って相性もいいんですよね。

このことはブラジルのプロサッカーチームが、グッズやチケット販売に使える独自仮想通貨「ガロコイン」発行していることからも分かります。

NIKEが仮想通貨をどのように活用するのかは不明ですが、仮想通貨の知名度向上、イメージUPに繋がるニュースです!

本日のまとめ

  1. SBIグループ北尾社長、リップル社の「役員」に就任へ!!
  2. ビットコインが大幅下落!要因は「テザー追訴」か
  3. 迫る平成終了、「平成の仮想通貨十大ニュース」まとめ!
  4. NIKE(ナイキ)、独自仮想通貨「Cryptokicks」発行か

以上、今日の気になる仮想通貨ニュースでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

新卒3年目で会社を辞めホストを始める。ビジネスの世界を知り独立するも取引先に騙され半年で借金数百万背負う。ホームレス経験を通し人脈・お金の大切さを再認識。人生再建中。仮想通貨投資・トレードに注力しています。