【水面下で動く投資家?】ビットコイン半減期に対する検索トレンドが上昇中!

Pocket

こんにちは、Shujiです。

本日も気になる暗号通貨最新ニュースをピックアップしてご紹介していきます。

まずは本日の相場から確認していきましょう!

12月18日の相場は?→大幅下落!!

本日、ビットコインは72万円台で推移しており、ここ24時間で約4%の下落。

時価総額TOP10は前日につづいて大幅に下落をしています。全然止まりませんね。

さて、それでは本日の気になる暗号通貨ニュースをみていきましょう。

➀ 【水面下で動く投資家たち?】ビットコイン半減期が検索トレンドが上昇中!

ここ1週間で約10%下落したビットコインですが、グーグルトレンドによると「ビットコイン半減期(Bitcoin Halving)」の検索数が今年に入ってから上昇していることが分かりました。

 

半減期は約4年に一度行われる、マイナーに支払われるビットコイン報酬が半減するイベントです。

来年2020年5月を予定しており報酬額は12.5BTCとなります。

供給量を減らしインフレを防ぎ、希少性を持たせることから前回の半減期前には価格を大きく上昇させています。

軟調な動きを見せている暗号通貨市場ですが、強気相場への起点となるか今後の動きに注目です。

Shujiの考察(重要度★★★)

Shuji先生

前回の半減期前の検索数が凄いことになってます…!

しかし、今年の検索数も負けじと徐々に増えてきています!

半減期が近づくと価格が上昇していくというのは2016年に証明されましたので、投資家の間でひそかに買いが入ってきているのかもしれませんね!

前回の半減期である2016年には、20日間で450ドルから760ドルまで約60%の上昇を見せました。

半減期を迎え560ドルまで下落するも、堅調に値を上げていきました。

密かにShuji先生も、昨日まで3日間持っていたショートポジションを解消し、ロングのエントリーポイントを狙っています…!

最後に、金融業界の中心であるウォール街にまつわる格言をお伝えして終わりたいと思います。

「市場が血で染まっている時が、絶好の買い場である」

株価の大暴落し大損する人が続出しており、多くの投資家が悲鳴を上げている状況の中こそ、絶好の買い場であるという意味です。

リーマンショックのような景気や企業業績が最悪で、株価が空前の安値を付けているような時は、投資家の誰もが大損をして、市場が血に染まっているように見える…。

リーマンショックとは?
2008年9月に発生した100年に1度といわれた世界的な金融危機です。世界的に大きな影響を与えたことから日経平均株価をはじめ各国の通貨・金融資産の価値が大暴落しました。 

当時、紙切れ同然(といえるほどの価格)になったメガバンクの株券を見て、

「ここでメガバンクが潰れるようじゃどの道日本は終わりだ」

と全資産を投資したある人は、たった数年で50億円の資産を築いた話もあります。

普通の投資家は、株価がいくら割安でも、不安のあまり株式投資に手を出すことができません。

もちろん、Shuji先生含めてです。

しかし、そういう時に勇気を出して、資産を買える人こそ、大きな財産を築くことができるのではないでしょうか。

その「勇気」がある人は、よろしければこちらから「BitMEX」へ登録してみてください。

血に染まっている市場に、宝が眠っているかもしれませんよ。

今なら半年間手数料10%OFFキャンペーン中!

本日のまとめ

➀ 【水面下で動く投資家たち?】ビットコイン半減期が検索トレンドが上昇中!

以上、本日の気になる暗号通貨ニュースでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

新卒3年目で会社を辞めホストを始める。ビジネスの世界を知り独立するも取引先に騙され半年で借金数百万背負う。ホームレス経験を通し人脈・お金の大切さを再認識。人生再建中。仮想通貨投資・トレードに注力しています。